ダイハツ

もう一つの軽自動車

 

今晩は!

本日ご紹介するのはもう一つの日本の軽の大手!!( ダイハツ )!!

さらには軽オープンスポーツカー

        【 コペン 】

 

さて、まずはコペンについてです。

 

歴史

ダイハツの軽オープンカーの始まりは、『リーザスパイダー』から始まりました。そのデビューは1992年、バブル最後期で各社から

マツダ/オートザム『AZ-1』、

ホンダ『ビート(Beat)』、

スズキ『カプチーノ(Cappuccino)』

軽スポーツカーが栄えた頃です。

その時期にダイハツも軽オープンカーを出すことに決定しました。

当時は、 3社とも専用ボディーにて製造されていました。

ダイハツはと言いますと、『リーザ』       と呼ばれる3ドアハッチバック車体がベースで、そこへ屋根を切り幌を貼り付けただけと少々無理があるものでした。

ちなみに車名は『リーザスパイダー』   1993年に販売が振るわず生産終了となり、380台しか生産されないという幻の車となりました。

そこから前回の教訓を活かし、慎重に軽オープンスポーツカー【コペン】の開発を行い。

1999年の東京モータショーにてコンセプトカーの発表により大きな反響を、受け市販に着きました。

さらにリリースも2002年からと、軽自動車としては長く、リリース目前の慎重な調整に充てられました。

満を持して登場した  コペン   は

軽自動車のスペックとしてはかなりのスペックを備えていました。

特に最大の特徴としては、電動油圧式リトラクタブルハードトップを装備していま す。

*リトラクタブルハードトップとは?*

オープンカーにおける屋根の方式の一つで、車体収納可能なスチールまたはプラスチック製の硬い屋根を持った車種を指す

さらには、ダイハツ本社工場には「エキスパートセンター」と呼ばれる区画があります。すべてのコペンは、ダイハツの社内技能制度認定がある中の2級以上ではないと作業ができない価格での最終調整を受けて出荷されます。

なお、その区画はコペン工房と後に呼ばれる区画となります。

その後モデルチェンジもし、堅実な実績も積み重ね大成功を収めた車です。

 

スペック

・L880K  【2002年〜2012年】

グレード アクティブトップ
エンジン JB-DET
最大出力 64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク 11.2kg・m(110Ν・m)/ 3200rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
総排気量 659cc
過給機 IC付きターボ
内径×行程 61.0㎜×56.4㎜
燃料タンク容量 40ℓ
使用燃料 無縁レギュラーガソリン

 

・LA400K   【2014年〜】

グレード ローブ(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
エンジン KF
最大出力 64ps(47kW)/6400rpm
最大トルク 9.4kg・m(92Ν・m)/3200rpm
種類 水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ
総排気量 658cc
過給機 IC付きターボ
内径×行程 63.0㎜×70.4㎜
燃料タンク容量 30ℓ
使用燃料 無縁レギュラーガソリン

 

新車情報

2019年の5月〜6月にマイナーチェンジ予定!

☆エクステリアの変更は現状を考えると小規模!

☆インテリアは内装色の変更、ステッチの追加!

*ステッチとは〜内装の縫糸のこと。

☆骨格はスポット増しの改良にて剛性アップの見込み!

*剛性とは〜車全体のしっかり度です。高い程サスペンションがきっちり仕事をします。

☆スマアシ3搭載!安全面が飛躍的強化!

  • 衝突回避支援ブレーキ機能
  • 誤発進抑制制御機能
  • 車線逸脱警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • オートハイビーム

☆価格は大きな値上がりは無いと予想

¥現行参考

ローブ 185万〜207万
エクスプレイ 185万〜207万
セロ 190万〜212万

 

☆トヨタ協力のもとコペンGRも登場するかもとの情報も!

 

さあ!色々とお伝えしましたが!筆者も新型には期待大です!ライバルホンダS660との差が出来るか!!

5月6月まで待てません!!