三菱

ようやく!!三菱!!

皆さんこんばんは!!

今回は、はい!三菱です!

ようやく来ました!

三菱の新車情報は~

 

    ミラージュ

え?ミラージュ?あの?エコのミラージュ?と考えのあなた!!

いやいや~甘い!甘いですよ!!

今日は、しっかり学んでもらいますよ!!

ではレッツゴー!!


ミラージュとは?

1978年に誕生、40年の歴史が詰まってる三菱の代表的なハッチバックの一つです。

車名の由来ミラージュはフランス語で(神秘、ロマンチック)、英語で(蜃気楼)の意味。アスティは(活気ある)の意味になっている。

ハッチバックとは?

ボンネット付きの車種のうち全長が短い、もしくは車高が低いなどの理由でトランク及び車室の容量が小さくなりがちな車種にて、大物や長物の積荷の積み下ろしを楽にし、自動車の利便性を少しでも高めるため跳ね上げ式(上方向に開く)や、横開き式のバックドア(後ろのドア)にしている車

ミラージュの歴史

・初代 1978年~

世に出されされたのは、1978年から初代ミラージュは 3ドア・5ドアハッチバックと4ドアセダンの3タイプでスタートした。エンジンは横置きのレイアウトでSOHC・直列4気筒のガソリンエンジンのみ。デザインは「青いリンゴ」のイメージ。

 

・2代目 1983年~

1983年にフルモデルチェンジした2代目、「元気なカジュアルビークル」が基本テーマで、ボディーは卵型から発想されて角がなくなり滑らかな見た目となる。エンジンは1.3L、1.5L、1.6ターボ、1.8ディーゼルとバラエティーも豊となる。オートヒーターも初装備された。

 

・3代目 1987年~

発表当時のキャッチフレーズは「社交性動物ミラージュ変新」というもの。バブルの時代に登場同社の(ギャラン)を小さくしたような丸みのあるデザインとなる。テレビCMで松任谷由実の楽曲を使用

 

・4代目 1991年~

曲線のデザインに変わる。ランサーとプラットフォームが同じ。また世界最小1600ccのV6.4カムOHCエンジン搭載(ミラージュ6)4ドアセダンが発売。2ドアクーペ(アスティ)も登場。

 

・5代目 1995年~

キープコンセプトにより先代のイメージが強く残る。ハッチバックは独特のフォルムになる。セダンはランサー・ランエボⅣとボディーパネルを同一化、すっきりとした印象となる。この代で一度ミラージュは廃盤となる。

 

6代目 2012年~

世界戦略車lのコンパクトカーとして10年ぶりに復活。ヨーロッパでは(スペーススター)それ以外の地域では(ミラージュ)の名前で販売される。アイドリングストップシステム「AS&G(オートストップ&ゴー)」搭載し燃費向上。また最小回転半径4.4mとし前方の感覚がつかみやすい設計とする。

 

スペック

初代

エンジン 1.2L(G11B)・1.4L(G12B)・1.6L(G32B)
駆動方式 FF(フロントエンジン・フロント駆動)
全長・全幅・全高(㎜) 3,790・1,585・1,350
ホイールベース(㎜) 2,300(3ドア)・2,380(4ドア/5ドア)
車両重量 800㎏

2代目

エンジン 1.3L(G13B)・1.5L(G15B)・1.6L(G32B)・1.8L(G37B)ワゴンのみ・1.8Lディーゼル(4D65)
駆動方式 FF/4WD
全長・全幅・全高(㎜) 3,995・1,635・1,360
ホイールベース(㎜) 2,380
車両重量 880㎏

3代目

エンジン 1.3L(G13B)・1.5L(G15B)・1.6L(4G61)・1.8Lディーゼル(4D65)4ドアのみ
駆動方式 FF/4WD
全長・全幅・全高(㎜) 3,950・1,670・1,380
ホイールベース 2,385(3ドア)・2455(4ドア)
車両重量 1,000㎏

4代目

エンジン 1.3L(4G13)・1.5LMVV(4G15)・1.5L(4G91)・1.6L(4G92)・1.6LV6(6A10)4ドアのみ・1.8Lディーゼル(4D65)
駆動方式 FF/4WD
全長・全幅・全高(㎜) 3,950・1,680~1,690・1,365~1,375
ホイールベース 2,440~2,500
車両重量 910㎏~1,200㎏

5代目

エンジン 1.3L(4G13)・1.5LMVV(4G15)・1.6L(4G92)・1.8LV6(6A11)4ドアのみ・1.8Lターボ(4G93)4ドアのみ・2.0Lディーゼル(4D68)4ドアのみ
駆動方式 FF/4WD
全長・全幅・全高(㎜) 3,870~3,890・1,680・1,365~1,385
ホイールベース 2,415(3ドア)・2,500(4ドア)
車両重量 930㎏~1,260㎏

6代目

エンジン 1.0L(3A90)・1.2L(3A92)
駆動方式 FF
全長・全幅・全高(㎜) 3,795・1,665・1,505
ホイールベース 2,450
車両重量 860㎏~890㎏



最新情報!

コンパクト5ドアハッチバックミラージュに新型は今年発売予定!!

次期型は日産とルノーが共同開発した【CMF B】プラットフォームを採用し「ジューク」次期型と共有するとの話も!

どのようなフォルムになるのか?

ちなみに筆者は(コルト)が三菱のハッチバックですと好きです。