日産

日産のファミリーセダンが………

 

みなさ~んこんにちは!今晩は!おはようございます!

今日のご紹介する車は~~

こちらDESU!!

 

日産 【 ティアナ 】

 

あれ?ティアナって?なに?

そんなあなたに!!

そして!

トヨタの(カムリ)いいなぁ~

と思っているあなたにも!!

ご紹介したい一台です!!

では!!まずはティアナについていってみましょ~~!

 

日産【ティアナ】について

まず日産ティアナとはですが、高級大型のFFセダンの一つです。

 基本的にはファミリーセダンと考えられtるのが一般です。

 

車名について

ティアナ」はネイティブ・アメリカンの言葉で「夜明け」を意味します。

なお、綴りは「TEANA」。

また、中国仕様車の漢字表記である「天籟」は「大自然の息吹」、「天からの声」を表します。

海外では「アルティマ」となっています。

 

開発について

2003年2月にセフィーロ、ローレルのマーケットを継承するモデルとして登場。キャッチコピーは「クルマにモダンリビングの考え方。

SHIFT_ワードは「SHIFT_interior。そのキャッチコピーのとおり、モダニズムの思想によるデザインを取り入れたインテリアが特徴で、オットマンシートが装備された。

オットマンシートとは?

インテリアの一般用語で、背もたれや肘掛けのないクッションの効いた長椅子や、椅子の前に置く、足乗せ台という意味になります。自動車用としては、主に後者の足乗せ台という機能を差します。

アッパーミドルクラスに属するティアナの設定に際し、在来モデルを俯瞰すると、「セフィーロは広くて実用的だったが高級のイメージがなかった」「ローレルは高級イメージはあったが室内が狭かった」以上のことから、「両モデルに替わる高級セダンの位置づけで開発した」と、日産の商品企画は語っている[5]

ティーダのとは

つまりはセフィーロ・ローレルの高級後継車です!!

 

歴史

・初代 J31型(2003年-2008年)

前身であるセフィーロ同様に日産のFFセダンとしては最上位の位置付けではあるが、ヘッドライトやテールライト、フロントグリルを大作りとしながらも、安易な威圧志向を抑えたシンプルなモダンデザインに徹しており、実際のサイズ以上に大きく見え、かつ洗練された印象のスタイルとなった。

  • 2003年11月 – 日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Best Value」を受賞。近年の自動車には希有な、洗練されたデザインも評価を受る。

 

2代目 J32型(2008年-2014年、台湾仕様は2009年-)

プラットフォームをアルティマやマキシマなどと共通のDプラットフォームに変更し、足回りについては、リバウンドスプリング内蔵ショックアブソーバーを取り付けた新開発のフロントストラットサスペンションとリアマルチリンクサスペンションにより、先代よりも衝撃吸収性や静粛性を高め、優れた乗り味を実現した。また、Dプラットフォームの採用によりエンジン搭載位置を30mm下げることで、トルクステアを完全に解消した。

テールライトには新たにLED式のものが採用されたが、一目でティアナと分かるように、「コ」の字型のLED配列となった。

 

・3代目 L33型(2013年- )

代目は初代が掲げた「モダンリビング」、2代目が打ち出した「OMOTENASHI」という2つのコンセプトに一層の磨きをかけ、さらに思いのまま走ることのできる愉しさ、“走る快適性”を加えた。インテリアは、初代からの「おもてなし」コンセプトを継承し、長時間走行時の疲労を最小化するスパイナルサポートシートを採用。

<こちらが現行車種になります!!>

 

スペック

初代 J31型(2003年-2008年)価格246万~267万(限定車を除く)

エンジン VQ35DE 3.5L V6 231ps
VQ23DE 2.3L V6 173ps
QR25DE 2.5L 直4 160ps
QR20DE 2L 直列4気筒(日本国外向け)
駆動方式 FF/4WD
トランスミッション 4AT/CVT
総排気量 2349㏄~3498㏄
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

2代目 J32型(2008年-2014年)価格280万~410万(限定車を除く)

エンジン VQ35DE 3.5L V6
VQ25DE 2.5L V6
QR25DE 2.5L 直列4気筒
駆動方式 FF/4WD
トランスミッション CVT
総排気量 2495㏄~3498㏄
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

3代目 L33型(2013年-販売中 )価格289万~350万(限定車を除く)

エンジン QR25DE 直列4気筒DOHC
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
総排気量 2488㏄
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン


新車情報

日産はニューヨークモーターショー2018において、新型「アルティマ(ティアナ)」を初公開しています。

しか~し、日本発売日などについては明確にされていません!!

新型「アルティマ」は、従来モデルよりも低重心でワイドなスタンスと、ダイナミックになったプロポーションが可能になりました。

見た目はワイド&ローによりファミリーカーというよりむしろスポーツカーと呼ぶ方がふさわしい程スポーティーな外観。

さて書き出しの時になぜ(カムリ)に興味がある方にお勧めしたかと言いますと、同クラスのライバル車であるなかで、現行の(カムリ)の外観はよりワイルドでスポーティーになり人気が出ているためです!

今回紹介させていただきました【ティアナ】は見た目もNice!走りも、もちろんgood!

と、大変おススメなんです!今回ページ内の写真はアルティナです!!!しっかりと見ていってください!